.

私が初めてアルバイトを経験したのは、高校2年生のゴールデンウィークの時でした。

ファミリーレストランの皿洗いの仕事です。

お金を稼ぐのがこんなにも大変なことだとその時に初めて知りました。

お昼過ぎには次から次へと食べ終わった食器が運ばれてきます。

ひたすら洗い続けてようやく一段落したのは夕方近くです。

お探しのバレンタインのアルバイトを選んでみてください。

しかもゴールデンウィークだったので、ランチの時間帯は平日よりばらつきがあります。

午後はにティータイムのお客様も来店するので、一日中洗い物をしてヘトヘトになった記憶しかありません。

参考までに春休みのアルバイトを比べてみてください。

けれど自分で稼いだお金を手にしたときの喜びは言葉では言い表せませんでした。

そのお金で欲しかった洋服を買ったのですが、いちいち親に相談しないで自由に使えるお金を手にした喜びを感じて、子供ながらに一つ大人になった気分に浸りました。

当時は生意気にも早く大人になりたかったのです。

最初はゴールデンウィークの数日間のつもりでしたが、そのまま学校が休みの時にも継続してアルバイトを続けました。

仕事も徐々に慣れてきて、夏休みには手際よく仕事をこなせるようになりましたし、時給も少し上がりました。

高校生の私にとって世代の違う人と接する機会はアルバイトしかありませんでしたが、年上の人たちがよく面倒を見てくれて、休憩時間を楽しむゆとりもできました。

不明な点がありましたら夜間のアルバイト吟味してみてください。

最初はお小遣い欲しさで始めたアルバイトでしたが、人生経験を積む上で、お金以上に貴重な経験ができたと思います。