.

久々に、文句のつけようがないいい雰囲気の邦画を見た気がします。美容

80年代?の青春ストーリーなんで、文句をつけるほうが野暮でしょう。育毛

この手の作品て、中盤くらいからダレてきてしまいがちなんですが、この作品は次から次へといろんなことが起こるので、最後まで一気に見れてしまうのも強みかも。酵素ダイエット

のんびりとした気持ちで、途中のちょっとした場面で吹き出しながら見ていたのですが、最後の最後にウルッ…。ダイエットエステ|おそらくフェイシャルエステは…。

お母さんの手紙がとても良かったです。ベビー服 女の子 人気

私が死んだ時も、私のことを思い出して泣かれるよりも、私と過ごした時間を思い出して、クスっと笑ってもらえるような人間になりたいなと思いました。

本当にいい映画だなーと思いながらエンドロールを迎えたわけですが、監督が「南極料理人」「雨とキツツキ」の沖田修一さん。

そりゃあ、いい映画になるわけです。

原作の雰囲気を壊さず、削れるところだけをしっかり削って、とてもうまくまとまっていたと思います。

久々に万人にオススメできる邦画でした。

久々に万人にオススメできる邦画でした。