.

1970年代にジョエ・コロンボによって製図用品などをしまうためにデザインされた収納用ワゴンが、 お洒落なインテリアとして人気なのをご存知でしょうか。ドモホルンリンクル 無料お試しセット

四方全てに何かしらの収納があって、足元は回転できるキャスター付き、天面は仕切りがついていて区分けして物を置くようになっており、作業中のデスク脇にあるとちょっとした物置きスペースにもなります。健康食品

その下には横に回転してスライドさせることで引き出せる3段のトレイがついています。引越しの相場・見積もり(3月末)

なくしてしまいがちな細かい物をしまうのに適しています。子どもと関わる仕事

その更に下に2段の大きなスペースがあり、大きく開口しているので、ここは見せる収納を意識して小物を置くもよし、雑誌をまとめてしまうのもよし、自由な発想で使うことができます。クリアネオ

その他の側面には長い紙類や定規をしまえるような深さのある収納場所や、引き出しには治まらない大きさの小物を置ける収納がついていて、どこに何をしまうか考えるだけで楽しくなるようなワゴンです。アンボーテ

このように、見せる収納と隠す収納を上手く使い分ければ、その面白い外見デザインが目を引くので、そこにあるだけで一つのインテリアになってくれます。ディズニーの英語システム 価格

色やサイズはバリエーションがあり、白、黒、赤、オレンジで引き出しの数やトレイの数でそれぞれ5種類の展開があります。最大10社の見積り比較!車買取「ウルトク」

モダン系には白や黒、ミッドセンチュリー系のPOPなお部屋には赤やオレンジなど、お部屋のイメージによって その印象を変えるアイテムです。ミュゼ予約

ちなみに私は、リビングの隅に置いて細かい文具や電卓、大事な手紙などを入れています。

ちなみに私は、リビングの隅に置いて細かい文具や電卓、大事な手紙などを入れています。

天面にはIKEAで買った花瓶にお花を飾って置いたり、冬になると可愛い加湿器を置いたりして楽しんでいます。

お部屋の用途によっても使い方を自由に変えられる頼もしいボビーワゴン、それが私のおすすめインテリアです。